空室検索・予約

Reservation

予約確認・変更・取消はこちら

法人提携のお客様はこちら

Resol Gallery Ueno

リビングロビー内にある「Resol Gallery Ueno」では、新進気鋭のアーティストたちが、その想いや技術を具現化したアートの数々を展示。

アカデミズムの街上野ならではの芸術体験は、単なるホテルステイとはひと味違ったスパイスを、旅人たちに提供してくれるでしょう。

ギャラリーでは常設展示に加え、隔月で開催される特別展示のコーナーもあり、訪れるたびに新たな発見と成長の機会を与えてくれます。

常設展示

常設で展示しているアートをご紹介します。

太陽と月(2020 清水慶太 木製パネルにアクリル絵の具 2枚1組)

上野駅前の大きな歩道橋の上に、太陽と月をテーマにした2つの大きなオブジェがあります。それぞれ、歩道橋上の違う場所に設置されていて、特に「月」のオブジェはあまり知られていませんが、ともに、環境デザイナーで小生の大学時代の恩師の一人でもある故・横川昇二さんの作品です。 抽象的な形の中に陰と陽の違いが表現されている彫刻作品の面影を通し、上野界隈に足を運ぶ旅人たちへ小さな発見を促します。横川先生への敬意を込めつつ....。

パンダ(2020 石川マサル・清水慶太 樹脂製フィギュアにアクリル絵の具)

日本生まれのブロックタイプフィギュアBE@BRICKをベースに、上野の象徴「パンダ」を桜色に染めました。
母パンダに毛をなめられた子パンダは、ピンク色になるそうで、桜色のパンダは、愛情の証。時間と愛情たっぷりに何度も塗り重ねられたオブジェは、多くのお客様に愛されながら、リソル上野とともに育ちます。

EDO, rotated 90°(2020 清水慶太 キャンバスにプリント)

江戸末期の古地図の色を反転させ、全体を90度回転させたら、東京の夜景をとらえた衛星写真のようになりました。リソル上野はどこかな?

うえの(2020 清水慶太 木製パネルにアクリル絵の具)

とある異国の地に、たくさんの建物がひしめく歴史的な町を素朴な黒い線で描いた絵がありました。上野にも個性的な建築物が多く建ち並んでいますが、それらが共存している様子を、説明的にではなく少年のような気持ちでシンプルに描いたらどうなるか。あえてあまり深く考えないように、とても単純な思いで筆を取りました。

Profile

清水 慶太(しみず けいた)

デザイナー、デザインコンサルタント
1974年、東京都生まれ。
東京藝術大学大学院美術家修士課程修了後、ミラノを拠点にデザイナーとして活動を開始。
アメリカで過ごした幼少期、およびイタリアでのデザイナー生活によって培われたグローバルな価値観から作られる包含性のあるデザインは、国内外で高い評価をうける。昨今は、プロダクトのデザインのみでなく、ホテルのコンセプト開発や企業のコーポレートデザインも手掛けている。

特設展示

今月の特別展示作品をご紹介します。

人間は考えるアシである(2021 国展入選 キャンバス油絵 20 号P)

「人間は考える葦である。」言わずと知れた、パスカルの言葉です。子供のころ、TV から聞こえてきたこの言葉。でも僕は都会の子で、「葦」を知りませんでした。
ということで、僕がイメージしたパスカルの言葉はこんな感じ。
舎人公園を描きました。夕景の中、人々が静かにたたずんでいて
地球最後の日って、こんなかんじなのかなぁと思いました。

空也上人を剥いてみた(2022 国展入選 キャンバスアクリル 50号P)

空也上人を描きました。
空也上人は、何体もの阿弥陀様を口から吐き続けています。という事は、空也上人の内部には、阿弥陀様の製造ラインが稼働してるはず。例えば、小人の仏師さんたちが、一生懸命、鑿を動かして造形している、とかですね。
そんな風に考えると、空也上人の内部を見たくて仕方なくなりました。
というわけで、空也上人を剥いてみました。本物剥くわけにはいかないので、絵、でね。

初めに金閣寺?それとも都路里?(2021 世界絵画大賞展同志舎賞 キャンバス油絵 20号P)

冬の京都駅を描きました。

パッと見、修学旅行の女子高生たちが、ウキウキして、京都駅ではしゃいでいる、と思われた方が多いのではないでしょうか?もう一度見てみてください。
それぞれ制服が違います。持ち物もなんとなく鄙びている。それぞれ違う高校に進んだ、中学の同級生が集まったのかな?まだ昼間みたいだけど、学校、サボッちゃったのかな?それとも、何かワケアリで集まったのかな?冬の京都駅を描きました。

釣り、続けるんだって(2022 都展入選 キャンバスアクリル 20号P)

街からやってきた女の子と一緒に泳ぎに行く約束をしていた女の子。でも、街の女の子は、まだ釣りをしたいみたいで断られちゃいます。折角一番かわいい水着を着たのにね。

街の女の子は、本当に、釣りを続けたいんでしょうか?よく見てください。釣った魚をいれるバケツもないしエサ箱もありません。
女の子は、釣りの真似をしているだけ。

なんだかイジワルですね。
女の子の世界は、計り知れないですね。
京都、伊根を描きました。

Profile

石田 晃(いしだ あきら)-Isida Akira-

1956年、東京に生まれる。

上智大学文学部フランス文学科を卒業後、TV-CMをはじめとして、広告のクリエイティヴ・ディレクターとして活動。
2019年より、絵を描き始める。
「アート」という言葉を聞いて、イメージする絵は、どのような絵でしょうか。色遣いがカラフルで装飾的な絵?ヘタウマな感じ?平面的で幾何学っぽい感じ?僕の絵は、「アート」という言葉の、主流のイメージから、とても遠い所、辺境に位置している気がします。だから「アート」じゃぁ、ない。何か考えがあるわけでもなく、なぜかそうなっちゃうんですね。なぜなんでしょう。御憫笑。

■2019年都展奨励賞(東京都美術館) ■JAM公募展入選 ■2021年国展入選(国立新美術館)、
■2021年世界絵画大賞展同志舎賞(東京都美術館) ■絵と言葉のチカラ展入選(松坂屋)
■2021年 2022年足立区展足立区長賞 区議会議長賞、■2022年国展入選(国立新美術館)etc