空室検索・予約

Reservation

予約確認・変更・取消はこちら

法人提携のお客様はこちら

2024.05.31

旅先で疲れた体を癒してくれる。沖縄県産野菜たっぷりのランチが楽しめる「ピパーチキッチン」

NEIGHBORS

  • ホテルリソルトリニティ那覇

旅先で疲れた体を癒してくれる。沖縄県産野菜たっぷりのランチが楽しめる「ピパーチキッチン」

ホテルリソルトリニティ那覇から歩いて10分ちょっと。那覇の閑静な住宅街の中に、雑貨屋さんのようなかわいらしい装いのお店「ピパーチキッチン」はあります。

全体から、沖縄の自然の力が感じられる食堂

「野菜をたっぷりと使った、体に優しいご飯が食べられる」と評判のピパーチキッチン。地元の人達に大人気で、お昼時には毎日のように行列ができていると聞き、少し昼のピークを過ぎた平日の14時頃に訪れてみました。しかし、店内はまだ多くの人で賑わっています。休日は、開店前からお店の前に人が並んでいるそうです。

「お店の名前の“ピパーチ”は、石垣島(八重山諸島)に自生するスパイスのことです。“島こしょう”と言われることもありますね」

店内には、農薬を使わずに栽培したピパーチから作られたオリジナルのスパイスが置かれています

そう教えてくれたのは、店長の池城さんです。ピパーチは、こしょうの“ツン”とした鼻を突くさわやかさの中に、シナモンのような甘い香りをまとっているのが特長のスパイス。ピパーチキッチンで提供するものは、このピパーチを始めとした“沖縄県産の優しいもの”からできています。

「提供するお食事はもちろん、ドリンクやデザート、そして使用している食器や店内に飾っている雑貨や絵も沖縄のものです」

沖縄産の柑橘類「カーブチー」を使ったジンジャーソーダ

食器は沖縄で活躍する作家が作っているもののほか、なんと店長の池城さん自ら焼いたものも。また、お店の奥に飾ってある「バナナの絵」は、なんと池城さんのお兄さんが描いた絵だと言います。

ピパーチキッチンの「ピ」がデザインされた、オリジナルの陶器

店内の壁には、池城さんのお兄さんが描いた絵が飾られています

お店全体から、「沖縄の自然」を感じられるピパーチキッチン。石垣島出身の池城さんは、なぜ那覇の街でお店を開いたのでしょうか。

地元石垣島の魅力を、もっとたくさんの人に知ってほしい

「この場所にお店を立ち上げたのは、今から13年前のことです。私は石垣島出身だから、石垣島にもおいしいものや素敵なものがたくさんあることを知っています。でも、当時の沖縄本島では、石垣島の認知度はまだまだ低かったんです」

沖縄本島よりも、さらに自然が豊かな石垣島。同じ沖縄県でも、育つ食物や育まれてきた文化は、少しずつ異なります。石垣島ならではの魅力を、本島にも伝えたい。そんな店長の想いから、沖縄本島の住宅街でピパーチキッチンはスタートしました。

「ピパーチは、“島こしょう”とも言われているけど、私はその言い方にあまりピンと来ていなくて。こしょうなんだけど、こしょうじゃない。とにかく独特な、癖になる風味があるんですよ。石垣島には、そんな一癖あるけど、優しくて温かい食材や文化がたくさんあります。沖縄本島の地元の方にも、観光で訪れた方にも、ぜひ体験してみてほしいですね」

創業当時から人気のメニューは、県内のテレビ番組の視聴者投票で賞を取ったこともある「焦がしチーズのハンバーグ定食」です。

“ピパーチ”を使った大人気メニュー、焦がしチーズのハンバーグ定食

そして店長のオススメは、沖縄名物のタコライスならぬ「イカライス」!

ピパーチキッチン名物「イカライス」

「イカライスと言っても、イカは入っていません。タコライスにもタコは入っていないでしょう(笑)。そんなノリで作ったのですが、沖縄県内のファミリーマートでイカライス弁当を販売したりと、じわじわ人気が出てきているメニューなんですよ。たっぷりの沖縄県産の野菜とさっぱりした鶏肉で作っているので、ヘルシーな一品ですよ」

たくさん遊んで、たくさん食べる旅行中。体も胃も疲れたら、ピパーチキッチンでくつろぎながら体に優しいメニューを楽しんでみませんか。きっと、島国の自然の力が、旅の疲れを癒してくれますよ。



ピパーチキッチン

電話:098-988-4743

住所:〒900-0036   沖縄県那覇市西2-6-16

アクセス:旭橋駅より徒歩10分

HP:http://piparchikitchen.com/

SNS:https://www.instagram.com/piparchikitchen_info/

*営業時間や定休日についての詳細は上記のリンク先にてご確認ください。